微笑む美人

肌トラブルの一つとして多くの方が悩んでいるのがシミの症状です。シミは老人性色素斑など紫外線によるダメージが影響して起こると考えられており、色素沈着が起こってしまうのは紫外線対策が十分に行えていなかったことが原因だといわれています。一度肌に色素沈着が出てしまうと、きちんとケアをしないと症状が悪化してしまうといわれているので、早めに美白ケアを始めることが大切です。しかし色素沈着が悪化する原因は紫外線対策が不十分なこと以外にもあるといわれているため、どんな原因があるのかきちんと把握して適切なケアを行うことが重要になってきます。

シミの種類と対策方法をチェック

シミやシワなどの肌の老化トラブルは、加齢が原因だとイメージしている方は非常に多いとされていますが、シミやシワ、たるみなどの症状の約8割は紫外線が原因だといわれています。紫外線にはUVAと呼ばれる紫外線A波とUVBと呼ばれる紫外線B波があります。普段外出をする際に自然と浴びている紫外線の95%はUVBとされ、残りの約5%がUVBとなりどちらも肌には大きな負担をかけてしまうのです。

UVAは肌に浸透しやすい特性を持っており、表皮かた真皮まで届きコラーゲンやヒアルロン酸を生成する肌細胞に損傷を与えてしまいます。そのため紫外線を浴び続けた肌はどんどん肌の弾力が低下し、シワやたるみなどのエイジングトラブルが目立ちやすくなります。UVBは日焼けの原因となり、表皮部分に急激なダメージを与えるので肌が赤く炎症を起こしたり、やけどの症状を引き起こしてしまいます。この時にメラニン色素が沈着することでシミやそばかすができてしまう可能性もあります。しかしシミには様々な種類があり、紫外線によって起こる老人性色素斑や日光黒子などの症状とは異なり、遺伝が原因で起こる雀卵斑と呼ばれるそばかすなども挙げられます。この症状は直径数ミリ以下の褐色色の斑点で、頬や鼻周囲に出来る特徴を持っています。大人になってから出来るものとは異なり子供の時から出来る人が多く、成長するとだんだん目立たなくなる傾向があります。

他には炎症後色素沈着と呼ばれる症状で、やけどやニキビ、化粧品かぶれ等の肌の炎症が治癒した時に生じる褐色色の色素沈着です。年齢と性別、部位に関係なく出来るといわれており、肌のターンオーバーが進めばだんだん薄くなります。最後は30~40歳代の女性の顔に生じる肝斑の症状です。肝斑は女性ホルモンが関係して誘発したり、悪化すると言われており治療にはレーザー治療を用いることが大半です。出来る場所として頬骨にそって左右対称に出来る特徴があることから、顔の左右に同じような色素沈着が目立つようにできたら肝斑の症状だと把握することができます。

様々な症状は紫外線対策が不十分なことが原因で、全ての症状が発生しているわけではないので、まずは自分のシミの症状はどれにあたるのか正しい症状を把握しないと適切な治療を受けることができなくなります。雀卵斑や炎症後色素沈着に関しては、時間と共にだんだん薄くなっていくので適切なスキンケアを続けていれば放置していても問題はないと言われています。ただ、基本としてどの色素沈着も、出来た後に紫外線対処を怠ってしまうと症状が悪化して広がったり、濃くなる可能性が十分にあるのできちんと日焼け止めなどを利用して紫外線から肌を守ることが大切です。

そして肌の古い角質を排出させるターンオーバーを正常化させることも非常に重要です。若い頃は適切なターンオーバーが行われていても、年齢を重ねるとだんだん古い角質が排出されずに肌に蓄積しやすくなるため、メラニン色素が排出されずに色素沈着を起こしてしまうというトラブルも出てきます。そうなるとシミの原因だけではなく、透明感のないくすみがちな肌質になってしまう恐れがあるので、定期的にピーリングケアを行うようにしましょう。自宅で利用することができるピーリング石鹸やローションを利用するだけではなく、医療機関で受けられるケミカルピーリングなどの施術も高い効果を期待できます。

また健康的な肌を維持するためには、普段の生活習慣を整えることも重要になります。栄養バランスの整った食事をとることや適度な運動、毎日十分な睡眠時間をとることも肌を綺麗に保つための重要な対策の一つになります。外出する際には必ず日焼け止めやサングラス、日傘などを利用して紫外線対策を行い、自宅で行うセルフケアでは美白効果の高いスキンケア化粧品の利用や規則正しい生活を続けることが重要です。

記事一覧
寝不足だと肌荒れしてしまうメカニズムをチェックしてみよう 2020年06月27日

肌荒れを起こしてしまう原因として挙げられることが多いのが、夜ふかしをしてしまい寝不足になってしまうことです。しかし寝不足がどうして肌荒れに繋がってしまうのか正し...

アーユルヴェーダと活用して体質に合った食事法をしてみよう 2020年04月24日

アーユルヴェーダの基本とされるのが、体を構成しているヴァータとピッタ、カパの3つのドーシャです。この3つのドーシャを人間は持って生まれており、それぞれのドーシャ...

ムダ毛を脱毛することでカミソリ負けや毛穴の開きなど肌トラブルのリスクを軽減 2020年06月01日

夏の季節など肌の露出が増える時期は、普段からこまめにムダ毛の処理を行う女性が増えます。手軽にお手入れが行えるカミソリや電動シェーバーによる除毛は人気が高いですが...

自分の肌質に合うスキンケアができるアーユルヴェーダを活用した美容方法 2020年05月14日

綺麗な肌を手に入れたり、小顔になりたいという願望を持っている女性は少なくありません。そこで注目されているのが食事や美容施術で行うアーユルヴェーダです。体質に合わ...

頻繁に起こる頭痛もアーユルヴェーダで改善する可能性がある 2020年04月06日

頻繁に起こる頭痛の症状に悩まされている方は少なくありません。頭痛の症状には様々な原因がありますが、多くの病気は体に蓄積している毒素が大きく影響していると言われて...

インドの伝統医学として知られるアーユルヴェーダと体質バランスの関係性 2020年03月20日

現在様々な健康法があり、自分の体に適した健康法を見つけて実践することが非常に重要だと考えられていますが、その中でも特に注目されているのがインドの伝統医学であるア...

炎症やクレーターにも繋がるニキビが悪化してしまう原因をチェック 2020年03月05日

肌トラブルの中では多くの人が経験したことのあるニキビですが、大体は基本的なスキンケアと規則正しい生活を続けることで自然治癒させることが可能です。しかし症状が進行...